2013年7月1日(月)

産総研、ハンディ燃料電池を開発
 産総研の研究グループは、市販のLPGカセットボンベを燃料として利用するハンディタイプのSOFCを開発した。外部電源不要で自己起動できる。
ソーラーフロンティア、宮崎第二工場も再稼働
 ソーラーフロンティアは、休止していた宮崎第二工場を再稼働させ、製造しているCIS薄膜太陽電池をフル生産する。急拡大する需要に対応する。
LIXIL、須賀川工場の太陽光発電が着工
 LIXILは、福島県の須賀川工場の遊休地に建設する6350kWの太陽光発電所の建設に着工する。2014年5月の稼動開始予定。
北海道電力のダムで小水力発電事業
 ほくでんエコエナジーは、北海道電力が開発する京極ダムの自然放流水を利用する小水力発電所を建設する。出力は730kWで売電用。


2013年7月2日(火)

ホンダとGM、燃料電池開発で提携
 ホンダとGMは、2020年頃の実用化を目指して次世代型の燃料電池システムと水素貯蔵システムを共同開発することで合意した。


2013年7月5日(金)

オリックス、十勝のレース場に大規模太陽光
 オリックスは、北海道の「十勝スピードウェイ」内の遊休地を賃借して、2万1千kWのメガソーラーを建設して発電事業を行う。


2013年7月8日(月)

安川電機、モーターの回生電力を回収
 安川電機は、電源回生ユニットを発売した。これまでは捨てられていたモータの回生発電エネルギーを電源側に戻して、機械設備の節電に貢献する。
明電舎、会社分割で保守・点検事業を再編
 明電舎は、保守・点検サービスなどの事業を会社分割し、新設する4つの子会社に承継させる。地方自治体などの電気設備の維持管理業務のアウトソーシング化に対応し、意思決定の迅速化を図る。
JFEテクノス 奈良のメガソーラーを受注
 JFEテクノスは、淺沼組(大阪市)が奈良市内の資材置き場に建設するメガソーラーの建設を受注した。出力は約2千kW。来年2月の運転開始。


2013年7月9日(火)

電力システム改革の詳細設計へ WGを設置
  JFEスチールは、NEDOの委託事業として今年3月から東日本製鉄所(京浜地区)で実施している排熱を利用した熱電発電技術の実証試験で、計画通りの発電出力が得られたと発表した。


2013年7月10日(水)

JFEスチール、熱電発電の有効性を確認
 IHIプラント建設と、ゼネシス、横河電機の3社は、沖縄で海洋温度差発電の実証試験を行う。沖縄県が募集した海洋深層水を利用する発電実証事業。小型の実証プラントで低沸点媒体を循環利用する。
エネ・ビジョン、木質バイオマス発電で新会社
 豊田通商は、子会社のエネ・ビジョンが島根県の江津市の工業団地で計画している1万2700kWの木質バイオマス発電事業の運営会社を設立した。
パナソニック、屋外型創蓄連携装置を発売
 パナソニック システムネットワークス社は、創エネと蓄エネの機能を持つ小型・軽量の屋外型のリチウムイオン電源装置を10月に発売する。
東北電力、風力連系受け付けを終了
 東北電力は、昨年12月に募集していた風力発電の連系を、電源開発(2件)とユーラスエナジー(3件)を候補者に決めた。


2013年7月11日(木)

再可エネ拡大へ「グリーンパワープロジェクト」
 経済産業省は、「グリーン・パワー プロジェクト」を開始する。再生可能エネルギーを活用した様々なプロジェクトを官民連携で展開する。
トヨタ自、工場排熱活用のエネシステムを構築
 トヨタ自動車は、豊田市内の自社工場と周辺の中小規模工場を対象に、工場排熱や発電電力を工業団地内で共有して有効活用するエネルギーシステムを構築する。経産省の実証プロジェクトの一環。
富士電機子会社、一括受電向けスマメを発売
 富士電機の子会社のGE富士電機メーターが、高圧一括受電するマンションやオフィスビル向けのスマートメーターを発売した。


2013年7月16日(火)

スイスの排ガス規制対応の小形産業用ディーゼル
 ヤンマーは、世界で最も厳しいPM規制のスイスのディーゼル排ガス認証を世界で初めて取得した。取得したのは、19kW〜37kWのエンジン。
ソフトバンク長崎香焼ソーラーパークが運開
 ソフトバンクグループのSBエナジーは、建設を進めていた「ソフトバンク長崎香焼ソーラーパーク」の運転を開始した。今年2月に着工していた。
群馬県、板倉ニュータウン太陽光発電所が運開
 群馬県企業局は、「板倉ニュータウン太陽光発電所」の営業運転を開始する。「電源群馬プロジェクト」の構成事業で、2268kWのメガソーラー。
NEDO、有機系太陽電池の実証試験を開始
 NEDOは、次世代太陽光発電システムの本命の一つとされる、有機系太陽電池の早期実用化を目的とした実証試験を京都市と仙台市で開始する。


2013年7月17日(水)
IHI、低温小型バイナリー発電装置を発売
 IHIは、系統連系機能を有する20kWのパッケージタイプの小型バイナリー発電装置を発売する。100度C未満の温水を熱源として利用できる。


2013年7月18日(木)

ソフトバンク、燃料電池でエネサービス事業
 ソフトバンクグループは、米国の燃料電池ベンチャーのブルームエナジー社と共同で、SOFCによるオンサイト型エネルギーサービスを開始する。
三井物産、メガソーラーファンド第2弾
 三井物産は、メガソーラーに分散投資する投資ファンドの第2号を東京海上アセットマネジメント投信と共同企画。メガソーラー10カ所を開発する。
日本アジア、羽生市、世田谷区と太陽光発電事業
 日本アジアグループは、埼玉県羽生市と東京世田谷区とそれぞれ太陽光発電に関して協定した。市の所有地にアジアが発電所を建設して運営を請け負う。市側は、20年間の売電収入を得ることができる。


2013年7月19日(金)

奈良県と北海道でメガソーラーが運開
 シャープと芙蓉総合リースは、共同出資する合同会社のメガソーラーが、奈良県(約2700kW)と北海道(2600kW)で運転を開始した。
キューデン・エコソル、北九州でメガソーラー
 キューデン・エコソルは、北九州市の浄水場に1990kWのメガソーラーを建設して発電事業を行う。3社連合体で応募して採択された。


2013年7月22日(月)

シャープ、シースルー太陽電池モジュールを発売
 シャープは、ガラス建材として活用できるシースルー太陽電池モジュールを発売する。薄膜太陽電池セルに細かなスリットを施してスリット部からの採光が行えるようにした。


2013年7月23日(火)

積水ハウス、鹿児島県で大規模メガソーラー
 積水ハウスは、鹿児島県湧水町のゴルフ場跡地に、2万5800kWのメガソーラー発電所を設置して発電事業を行う。国内5工場で合計6700kWのメガソーラーを稼働させている。


2013年7月24日(水)

神戸製鋼、高効率の小型バイナリー発電システム
 神戸製鋼は、高効率・小型バイナリー発電システム(125kW)を発売する。110〜130度程度の低圧蒸気を利用して高効率の発電ができる。
オリックス、物流施設で屋根借り型太陽光発電
 オリックスは、西濃グループが所有する営業所や物流センターなど計18カ所の屋根を活用し、合計最大出力5614kWの太陽光発電事業を実施する。


2013年7月25日(木)

2012年度ガスコージェネは28.4万kW
 日本ガス協会は、2012年度のガスコージェネの導入状況をまとめた。12年度の導入量は、28.4万kW増加して481.9万kWになった。
JFEエンジニアリング、津市でメガソーラー
 JFEエンジニアリングは、三重県の津製作所坑内の遊休地にメガソーラー(約3千kW)を設置して発電事業を行う。
吉野ヶ里メガソーラー発電所が竣工
 NTTファシリティーズは、佐賀県の県有地に建設する「吉野ヶ里メガソーラー発電所」(1万2千kW)が竣工し、運転を開始する。


2013年7月26日(金)

中国電力、CO2削減目標は達成できず
 中国電力は、自主行動計画で取り組んだ、京都議定書の第1約束期間のCO2削減目標が達成できなかったと発表した。


2013年7月29日(月)

12年度コージェネ導入量は38万kW
 コージェネレーション・エネルギー高度利用センターは、2012年度のコージェネレーションシステムの導入量は、37万9千kWで、前年度導入量の約3.5倍と大幅に増加したと発表した。
日清紡、徳島工場でメガソーラー発電事業
 日清紡ホールディングスが、徳島事業所内に建設していたメガソーラーが完成し、営業運転を開始した。出力は1750kW。


2013年7月31日(水)

大型蓄電池で連系可能量を増強 北海道と東北
 経済産業省は、北海道と東北電力管内で大型蓄電池を導入した連系可能量の増強に向けた実証試験を北海道電力と東北電力に依託した
三菱重工、事業本部を再編し4ドメイン体制に
 三菱重工業は、9つの事業本部体制を集約・再編し、「エネルギー・環境」「交通・輸送」「防衛・宇宙」「機械・設備システム」の4事業ドメインからなる新たな組織体制に移行すると発表した
太陽誘電、高崎市に太陽光発電所
 太陽誘電は、群馬県高崎市の技術研究所跡地に太陽光発電所を建設する。規模は約460kW。
西部ガス、4カ所目の太陽光発電所が運開
 西部ガスは、グループ会社のエネシードが運用する4カ所目の太陽光発電所が運転を開始したと発表した。北九州市若松区響南町に、約1700kWを今年4月から建設を進めていた。