2012年11月1日(木)

スマートハウス・ビル普及へ2つのセンター
 経済産業省は、スマートハウスやスマートビルの普及に不可欠なHEMSやBEMS機器の標準化を進める一環として、早稲田大学と神奈川工科大学に実証センターと認証支援センターを開設する。
日本アジア、塩田跡地のメガソーラーが運開
 日本アジアグループは、香川県坂出市の塩田跡地に建設していたメガソーラーが完成し、運転を開始した。規模は約2000kWで、四国では最大規模のメガソーラー。
JX日鉱日石エネ、茨城県でメガソーラー事業
 日本石油輸送は、茨城県神栖市と福島県郡山市にメガソーラーを建設して太陽光発電事業を開始する。来年3月の運転開始を目指している。合計2600kWの太陽光発電設備を設置する。
NTTF、広島でもメガソーラー事業
 NTTファシリティーズは、サントリーグループが保有する広島県廿日市市の土地を賃借し、2150kWの太陽光発電所を建設して発電事業を行う。11月着工し、年度内に運転開始する。
北海道電力、2カ所のメガソーラー建設を発表
 北海道電力は、グループ会社の「ほくでんエコエナジー」が、池田町と本別町の2カ所に各々1500kWのメガソーラー発電所を建設すると発表した。池田町では来年4月に、本別町では2014年4月から運転開始する。
北陸電力、珠洲太陽光発電所が運転開始
 北陸電力が石川県珠洲市に建設を進めてきた1000kWのメガソーラー発電所が運転を開始した。年間の発電予想量は約100万kWh。
三重県、ごみ発電をFITに移行
 三重県は、これまで中部電力と需給契約を結んでいた「三重ごみ固形燃料発電所」の需給契約を、固定価格買い取り制度による売電に切り替える。これにより売電単価が1kWhあたり4円増え、年間1億5000万円の増収が見込める。


2012年11月2日(金)

カワサキガスタービンが販売1万台の達成記念
 川崎重工は、産業用ガスタービンの累計販売台数が1万台を達成したことを記念し、10月29日にパレスホテル東京で「1万台販売記念謝恩会」を開催した。
JFEエンジ、国内6カ所でメガソーラー発電
 JFEエンジニアリングは、国内6カ所に合計4万kWのメガソーラーを建設して、固定価格買い取り制度による発電事業に本格的に参入する。来年7月に三重県で稼働開始し、2015年1月までに6カ所全てで運転を開始する。
日本アジア、スーパー堤防に準メガソーラー
 日本アジアグループは、埼玉県杉戸町で、スーパー堤防を利用して、500kW規模の太陽光発電所を建設する。


2012年11月5日(月)

北海道での自家発導入補助 4次募集を開始
 資源エネルギー庁は、北海道地区で先行して実施している電力供給不安に対する自家発導入促進のための補助制度の4次募集を開始した。12月7日まで受け付ける。3次募集では270件の応募があり、全件が採択されている。
相模原市のメガソーラー 最優秀提案者を決定
 神奈川県と相模原市は、相模原市が募集した一般廃棄物最終処分場でメガソーラー発電事業を行う事業者として、応募のあった5件の中からノジマを代表とする事業提案を採択したと発表した。2万6000平方mの土地に約1900kWのメガソーラーを建設して発電事業を行う計画。
大阪府、岬町のメガソーラーで土地賃貸契約
 大阪府は、岬町の多目的公園内に複数のメガソーラーの導入を進めているが、このほどシャープと地権者である岬町が土地の賃貸契約を締結したと発表した。シャープが3.3haの土地を借りて2000kWのメガソーラーを建設し、発電事業を行う。2013年3月の完成予定。
産総研、固体電解質のリチウム空気電池を開発
 産業技術総合研究所の研究グループが、電解質や電極材料に液体や有機材料を使用しない固体電解質のリチウム空気電池を開発した。電池の安全度が高く、理論的にはリチウムイオン電池の5〜8倍の重量エネルギー密度を持ち、長時間走行できる電気自動車用などで実用化が期待される。


2012年11月6日(火)

2011年度の電力排出係数を公表
 環境省は、電力使用に伴うCO2排出量の算定に必要な、2011年度の電力排出係数を公表した。原子力発電が再稼動できない中で電力各社の胚珠係数は軒並み悪化している。
大阪ガスの子会社、淡路島でメガソーラー事業
 大阪ガスの子会社のエナジーバンクジャパンが、淡路島で固定価格買い取り制度によるメガソーラー事業を行う。太平洋セメントと大和観光が所有する採掘場跡地を賃借して、約8900kWのメガソーラーを建設、来年7月から発電事業を開始する。
シャープ、太陽電池でJIS認証を取得
 シャープは、太陽電池モジュールの長期信頼性と保証体制に関する新たな認証である「JISQ8901」を取得した。今年2月に制定されたJIS規格で、単に太陽電池の製品品質だけでなく、設計・製造・サービス・メンテナンスまで一貫した信頼性保証体制の構築が要求されている。
JCOM、マンションの一括受電サービス
 JCOMは、12月から東京都杉並区で、マンションの電気料金を削減する電力一括受電サービスを開始する。住友商事グループの新電力事業者であるサミットエナジーから電力の供給を受け、マンション内に配電する。
太陽電池用シリコンウエハー事業から撤退
 JX日鉱日石エネルギーは、連結子会社であるスペースエナジーが太陽電池用のシリコンウエハー事業から撤退すると発表した。中国メーカーなどの設備増強による大幅な供給過剰状態が続き、市況が低迷している。
みずほコーポ銀、太陽光発電の支援ファンド
 みずほコーポレート銀行は、国内の太陽光発電事業者を支援することを目的に、総額50億円のファンドを創設する。ファンドの運営は新たに運営会社を設立して行う。固定価格買い取り制度の導入により、安定した事業運営が行えることから参入企業が相次いでおり、金融面からサポートしていく。


2012年11月7日(水)

電力システム改革委 発送電分離の議論再開
 電力システム改革専門委員会が再開。年末を目標に発送電分離や電力取引の活性化など、残された課題について議論する。
青森県、再生可能エネルギー道路を計画
 青森県は、道路の高架下などを活用して太陽光発電事業を実施する取り組みを開始する。民間企業間のマッチングフェアなどを開催し、再生可能エネルギー事業の拡大に向けて取り組みを進める。
北九州市、市民メガソーラー計画を発表
 北九州市は、市制50周年を記念して、メガソーラーによる市民発電所を建設する。1500kW規模の発電所を廃棄物の最終処分場用地に建設し、固定価格買い取り制度による発電事業を行う。来年度中の発電開始を目指して建設を進める。
ダイセル、網干工場に最新鋭のGTコージェネ
 ダイセルは、姫路製造所網干工場に導入を進めていた都市ガス・コージェネレーション設備の商業運転を開始した。導入した設備は川崎重工業が開発した出力3万kWのガスタービンコージェネレーションシステムで、性能試験では発電効率約36%、総合熱効率約86%を達成している。
7社共同で愛知県で太陽光と風力の複合発電
 三井化学、三井物産、東亞合成、東芝、東レ、三井造船とシーテックの7社は、愛知県田原市に建設を計画している大規模太陽光・風力発電所の建設に着手した。5万kWの太陽光発電と6000kWの風力発電を、三井化学が所有する約80万平方mの土地に建設し、発電事業を行う。


2012年11月9日(金)

東北電力、風力連系随時受け付けを継続
 東北電力は、50HZ地区の北海道電力、東京電力との広域連携を利用して風力発電の導入可能量を200万kWまで拡大することにし、系統連系の随時受付を通常型と出力変動緩和型ともに今後とも継続する。
長野県、メガソーラー事業で土地賃貸契約
 長野県は、県営富士見高原産業団地のメガソーラー事業の事業者として選定したシャープと、11月14日に連携協定と土地賃貸借の仮契約を行う。
木曽岬干拓地メガソーラーは丸紅
 三重県と愛知県は、募集していた三重県桑名市と愛知県弥富市にまたがる木曽岬干拓地メガソーラーの設置運営事業を、応募のあった6社の中から丸紅に決めた。
水俣市に2例目のメガソーラーの建設計画
 熊本県は、熊本県内で15例目となるメガソーラーが水俣市に建設されると発表した。福岡市に本社がある七洋物産が事業主体となり、約1900kWのメガソーラーを建設する。11月12日に、水俣市庁舎で調印式が行われる。
富山県、富山市のメガソーラー事業者を決定
 富山県は、富山市の県有地でメガソーラー事業を実施する事業者を募集していたが、このほど東芝や熊谷組などが提案した事業提案を採択することを決めた。6000kWのメガソーラーを建設して2014年2月の運転開始を目指す。


2012年11月12日(月)

村田製作所、日本と中国でメガソーラー発電
 村田製作所は、滋賀県の野洲事業所にメガソーラーを設置して、発電事業を行う。約1000kWのシャープ製の太陽光発電パネルを採用し、来年3月末の運転開始を目指す。


2012年11月13日(火)

環境省、地中熱利用HPの設置状況を調査
 環境省は、地中熱利用ヒートポンプシステムの設置状況についてアンケート調査を行った。2011年の設置件数は207件で前年に比べ43%増加、累計の設置件数は990件になった。都道府県別にみると、北海道が322件と最も多く、次いで東京都の87件、岩手県72件、青森県50件、秋田県49件と続いている。
北海道など、森林J−VERの販売が活発化
 北海道は、道有林のCO2吸収量をCO2削減クレジット化したJ−VERの販売を開始した。販売可能量は4362tで、環境活動に取り組む企業や団体等に対し販売する。福岡市、北海道、熊本県でも森林J−VERを販売している。


2012年11月14日(水)

熊本県、県内最大のメガソーラーが着工
 熊本県は、大林組が芦北町に建設する県内最大規模の2万1500kWのメガソーラーが着工したと発表した。2014年2月の運転開始が目指されている。


2012年11月15日(木)

太陽光発電の国内出荷 80・3%増
 太陽光発電協会は、2012年度第2四半期の太陽電池の出荷量が、78万31kWで、前年同期に比べ10.5%増となったと発表した。国内出荷量は、80.33%増の62万6972kWと前年度の2倍に迫る規模で拡大している。
潮来市の道の駅に14MWのメガソーラー
 リアルコムは、リサイクルワン、ミツウロコグリーンエネルギーと共同で、茨城県潮来市にある「道の駅いたこ」に隣接する企業誘致用地に1万4000kWのメガソーラー発電所を建設する。2013年内の運転開始を目指す。
洋上風力の共同施工体制を検討
 新日鉄住金エンジニアリングと鹿島建設は、洋上風力発電施設の共同施工体制の構築を目指し協議を始めた。トータルなソリューションサービスを共同で提供し、当面、年間10万kW規模の施工量の確保を目指す。


2012年11月16日(金)

メガソーラー認定設備が100万kW超え
 資源エネルギー庁は、10月末現在の固定価格買い取り制度に基づく再生可能エネルギーの設備認定状況をまとめ公表した。認定設備の累計は255万kWに達した。認定設備の86%は太陽光発電で、急増しているメガソーラーは100万kWを超えた。


2012年11月19日(月)

三菱地所、千葉でメガソーラー事業を展開
 三菱地所は、千葉県の千葉市と佐倉市にまたがって同社が開発している「ちばリサーチパーク」でメガソーラー発電事業を行う。第1弾として、敷地面積約2万1700平方mに約1000kWのメガソーラーを建設する。数年後にはパーク内の他街区にも拡げ、合計約1万kWのメガソーラーを建設する計画。
熊本県、玉名市のメガソーラー建設が決まる
 熊本県は、県内16カ所目となるメガソーラーが玉名市に建設されることが決まったと発表した。福岡市に本社のある興和テック社が自社保有地に1000kWのメガソーラーを建設するもので、来年4月に運転を開始する。
太陽光発電協会、施工技術者の認定制度を開始
 太陽光発電協会は、「PV施工技術者制度」を開始した。経済産業省の補助制度として試行していた施工技術者研修を、協会の自主認定制度として正式に発足させた。研修終了者を対象に認定試験を行い、合格者を協会が施工技術者として認定する。
長野県、森林J−VER79tの販売契約
 長野県は、県有林のCO2吸収量をJ−VERに変えた79tのクレジットの販売を決めた。購入申し込みのあった企業や団体7者に、カーボン・オフセット用のクレジットとして販売した。


2012年11月20日(火)

エネルギー・環境政策で9団体が共同提言
 電気事業連合会と日本ガス協会、鉄鋼連盟など主要産業界9団体が、エネルギー・環境政策について共同提言を行った。革新的エネルギー・環境戦略を見直し、25%削減の中期目標の見直しなどを求めている。
京都市、市民共同型太陽光発電事業を推進
 京都市は、市民が太陽光発電事業に参加できる「市民協働発電制度」を具体的に進める。市民が出資して市内の公共施設等へ太陽光発電システムを設置、発電された電力の売却益等を参加者に還元する「市民協働発電制度」。


2012年11月21日(水)

滋賀食肉センターでメガソーラー事業
 大阪ガスの子会社のエナジーバンクジャパンと京セラソーラーコーポレーションは、滋賀食肉センター内に約2000kWの太陽光発電設備を設置し、固定価格買い取り制度による発電事業を行う。
塩田メガソーラー隣接地にもメガソーラー
 日本アジアグループは、坂出市の塩田跡地に2000kWのメガソーラーを竣工させたが、その隣接地にも同規模のメガソーラーを新たに建設し、合わせて4000kWのメガソーラー発電事業を同地で展開することにした。2カ所目のメガソーラーは年内に着工し、来年3月の運転開始が目指される。


2012年11月22日(木)

兵庫県、淡路島で住民参加型のメガソーラー事業
 兵庫県は、淡路島で住民参加型のメガソーラー事業を行う計画している。住民が資金を提供し、創エネ事業に参画する官民協働の新たなモデル事業で、県立淡路島公園内に約1000kWのメガソーラーを建設し、地域主体の太陽光発電事業として実施する。来年11月の運転開始する。
ノーリツも神戸でメガソーラー事業に参入
 ノーリツは、神戸市が募集した六甲アイランド地区航空貨物上屋(屋根)のメガソーラー事業者に採択された。約2万4000平方mの屋根を神戸市から借りて約1200kWのメガソーラーを設置して固定価格買い取り制度による発電事業を行う。


2012年11月27日(火)

発電所環境アセス迅速化で中間報告
 経済産業省と環境省が連絡会を設置して検討していた、「発電所の環境アセス迅速化」の検討結果がまとまり、火力発電のリプレースの場合は最長1年程度短縮されることになった。風力や地熱についても、火力と同程度に手続きが一部迅速化される。
オリックスと九電工、空港跡地でメガソーラー
 オリックスと九電工は、鹿児島県の枕崎空港の跡地に、約8500kWのメガソーラー発電所を設置し、共同で発電事業を行う。空港跡地を利用するメガソーラー発電事業は、全国初となる。
日本アジアグループ、北海道メガソーラーに着手
 日本アジアグループは、北海道本別町にメガソーラーを建設する。出力は1000kWで、来年夏の竣工を目指す。日本アジアグループは北海道内で5カ所のメガソーラー事業を計画している。


2012年11月28日(火)

大阪・岩崎地区にスマートネットワーク
 大阪ガスは、京セラドーム大阪に隣接する岩崎地区のグループ所有の再開発地区に既存の熱供給施設と組み合わせた「スマートエネルギーネットワーク」を構築、「特定電気事業」としてコージェネと系統電力を活用した電力供給も行う。
加ソーラー、メガソーラーにモジュール供給
 カナディアン・ソーラー・ジャパンの販売代理店の伯東が三重県の自社所有地に2000kWのメガソーラーを建設し、発電事業に参入する。今後2年間で全国約20〜25カ所、計約40〜50メガワットのメガソーラーを建設する計画を立てている。
山梨で工場敷地内にメガソーラー
 ソーラーフロンティアは、山梨県高根市の相川プレス工業が建設する1800kWのメガソーラー発電所に太陽電池モジュールを供給すると発表した。工場敷地にメガソーラーを建設する全国でも珍しい工場隣接モデル。来年3月末に運転を開始する。


2012年11月29日(木)

日立と三菱重工が火力発電で事業
 三菱重工業と日立製作所は、火力発電関連分野の事業を統合し、共同で運営することで基本合意した。統合するのは、火力発電、地熱発電、環境装置、燃料電池など。2014年1月1日を目途に合弁会社を設立する。
西部ガス、北九州市で4カ所目のメガソーラー
 西部ガスグループのエネシードが北九州市で2万500kWのメガソーラーを旭化成との共同事業で建設し、4カ所目の太陽光発電事業を開始する。来年4月に着工、2014年2月に一部運転を開始し、同年6月には完成する予定。


2012年11月30日(金)

SOFC型エネファームが環境大臣賞を受賞
 JX日鉱日石エネルギーは、販売している同社のSOFC型エネファームが地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞したと発表した。環境省が、地球温暖化防止活動に顕著な功績のあった個人・団体に対し行っている表彰制度。
新日本科学、鹿児島で地熱発電事業に着手
 新日本科学は、鹿児島県指宿市で検討を進めていた地熱発電所の開発に着手した。1500kW級のバイナリー方式の地熱発電所を建設し、2014年9月から固定価格買い取り制度による発電事業を行う。
鹿児島の鶴の越冬地のメガソーラーが運開
 ソーラーフロンティアは、鹿児島県出水市で、地元の複数の有志が出資する1000kWのメガソーラーが運転を開始したと発表した。