2012年9月3日(月)

阿蘇くまもと空港にもメガソーラー
 三菱商事、熊本県らは阿蘇くまもと空港に2千kWの太陽光発電を設置。県内の太陽光発電関連企業の力を集結した「地産地消」型のメガソーラーを目指し年度内に工事を終える。
日本アジアグループ、メガソーラーを拡大
 日本アジアグループは、鹿児島県鹿屋市と広島県尾道市で500kWと600kWの太陽光発電所を建設する。北海道内3カ所でも年度内に竣工の予定。
プロロジス、物流施設の屋根に太陽光発電
 世界各国で物流施設を所有・運営しているプロロジスは、国内の物流施設8棟に合計約1万kWの太陽光発電を設置、発電事業を行う。


2012年9月4日(火)

洋上風力発電の事業化へ共同研究会が発足
 日立造船、日本気象協会、東芝、JFEスチール、住友電気工業、東亜建設工業、東洋建設は、洋上風力発電の事業化に向けて共同研究会を設立した。民間主導で大規模洋上風力発電事業の実現を目指す。
大阪ガス、メガソーラーでエネルギーサービス
 大阪ガスは兵庫県明石市の明石クリーンセンターに約1700kWの太陽光発電設備を設置、初期投資の必要がないエネルギーサービス事業を行う。
佐賀県吉野ヶ里メガソーラーで基本協定
 NTTファシリティーズらは、佐賀県が募集した「吉野ヶ里メガソーラー設置運営事業」の事業者に選定された。1万2千kWのメガソーラーを建設、事業会社を設立して発電事業を行う。


2012年9月5日(水)

「コージェネ大賞」を創設 募集を開始
 コージェネレーション・エネルギー高度利用センターは、優れたコージェネシステムや導入事例などを顕彰する「コージェネ大賞」を創設、候補の募集を始めた。来年2月のシンポジウムで表彰する


2012年9月6日(木)

大阪ガス、和歌山の風力発電所でも太陽光発電
 大阪ガスは和歌山県に保有している風力発電所のサイト内に、出力約800kWの太陽光発電所を建設する。年度内の稼働を目指す。
シーテック、浜松市のメガソーラー事業者に
 中部電力グループのシーテックは、浜松市が募集したメガソーラー事業者に選定された。1990kWのメガソーラーを来年7月から稼働させる。
バイオマス事業化戦略を取りまとめ
 バイオマス活用推進会議(内閣府、農林水産省など7府省で構成)は、バイオマス事業化戦略を取りまとめた。地域でグリーン産業を創出し、自立・分散型エネルギー供給体制を実現するための指針。


2012年9月7日(金)

JX、エネファームをSOFCに一本化
 JX日鉱日石エネルギーは、家庭用燃料電池「エネファーム」の開発・製造を次世代型の固体酸化物型燃料電池(SOFC)に一本化する。固体高分子型燃料電池(PEFC)は8月末に販売中止した。
SBグループ、北海道白老町にもメガソーラー
 SBエナジーは、北海道の白老町が募集したメガソーラー発電所設置事業者に選定された。2700kWのメガソーラーを建設する。


2012年9月8日(土)

メタンハイドレート開発へ日本海自治体連合
 国産のエネルギー資源として注目が高まっているメタンハイドレートなどの海洋エネルギーの開発調査の促進を目的に、日本海沿岸の10府県が「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」を設立した。


2012年9月10日(月)

下水汚泥から水素ガス 実証試験に着手
 ジャパンブルーエナジー、大和リース、豊田通商、三井化学の4社は、下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手した。下水汚泥を加熱してバイオガスを発生させ、直接水素を製造する。


2012年9月11日(火)

三井不動産、メガソーラー事業に参入
 三井不動産は山口県山陽小野田市に1万3千kWのメガソーラーを建設、発電事業に参入する。さらに2カ所のメガソーラーを来年度中に稼働させ、合計5万3千kWの太陽光発電事業を開始する。
宮崎県国富町にメガソーラー
 ソーラーフロンティアは地元企業と共同で、宮崎県国富町内の2カ所に合計3300kWのメガソーラーを建設し、発電事業を行う。
ヤンマーの小型ディーゼルが未来技術遺産に
 1933年にヤンマーが世界で初めて小形実用化に成功した横形水冷ディーゼルエンジン「HB形」が、国立科学博物館の重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録された。農業用などに広く普及。


2012年9月12日(水)

三菱重工、分散型用エンジン事業を統合
 三菱重工業は、10月1日付けで原動機事業本部が担当する出力4千〜1万5千kWエンジンを汎用機・特車事業本部に移管。分散型電源用のエンジンを一括して取り扱えるようにする。
SBグループ、佐賀でもメガソーラー事業
 SBエナジーは、佐賀県嬉野市が募集したメガソーラーの発電事業者に採択された。約1600kWのメガソーラーを建設し、売電事業を行う。


2012年9月13日(木)

PEFCの効率が落ちない新触媒を開発
 北海道大学触媒化学研究センターの研究グループは、燃料中にCOが含まれていても固体高分子型燃料電池(PEFC)の効率が向上する新触媒の開発に成功。


2012年9月14日(金)

ガスコージェネ11年度の増加量は2.9万kW
 日本ガス協会は、11年度末のガスコージェネシステムの国内導入状況を発表。総容量は453.5万kWとなり、前年度に比べ2.9万kWの増加にとどまった。
三井船と三井不、大分にメガソーラー
 三井造船と三井不動産は共同で三井造船の大分事業所に約1万7千kWのメガソーラーを建設し、売電事業に参入する。
生協連も大規模太陽光で売電事業
 パルシステム生活協同連合会と環境関連子会社のエコ・サポートは、埼玉県のグループ施設に約560kWの太陽光発電を設置して発電事業を行う。


2012年9月18日(火)

火力発電に競争原理を導入 経産省が入札指針
 経済産業省は火力発電の安価な新増設やリプレースを促す「新しい火力電源入札の運用に係る指針」を策定。1千kW超の火力電源については原則、入札による調達を求める。
再可エネ認定設備130万kWに
 資源エネルギー庁は、再生可能エネルギーの設備認定が130万kWになったと発表した。


2012年9月19日(水)

「今後のエネルギー・環境政策」を閣議決定
 政府は先日取りまとめた「革新的エネルギー・環境戦略」を踏まえ、原子力発電の依存度を30年代にゼロとする目標を示した。
近鉄が奈良でメガソーラー発電事業に参入
 近畿日本鉄道は奈良県大淀町の約6haの所有地に、約3千kWのメガソーラーを建設して発電事業に参入する。2014年3月の運転開始を目指す。


2012年9月20日(木)

熊本県、13カ所目のメガソーラー事業者を決定
 熊本県は、錦町に建設する県内13カ所目のメガソーラーの事業者に芝浦グループホールディングスを選定。約2200kWのメガソーラーを建設する。


2012年9月21日(金)

Jパワー、四国に2万kWのウィンドファーム
 電源開発(Jパワー)は、愛媛県宇和島市の山林に2万kWのウィンドファームを建設する。2014年9月に運転開始の予定。
北陸電力、三国太陽光発電所の運転を開始
 北陸電力は、福井県坂井市の「三国太陽光発電所」の運転を開始した。出力は1千kW。


2012年9月24日(月)

大阪府、太陽光発電の事業者登録制度を開始
 大阪府は、太陽光発電設備の製造や設置工事などを行う事業者の登録制度を開始。府が定める施工店や販売店などを登録し、信頼性の高い太陽光発電設備が普及できるようにする。


2012年9月25日(火)

ホンダ、自立運転できるエコウィルを開発
 本田技研工業は家庭用のガスエンジンコージェネシステムに停電時でも自立運転して給電できるモデルを追加、11月からガス事業者向けに販売を開始する。これまでは商用電源が停電した場合、逆潮流しないよう自立運転できないようにしていた。
シャープ、シースルー太陽電池を発売
 シャープは、発電と採光を両立できるシースルー太陽電池モジュールを発売する。窓ガラスやベランダの手すりなどに建材として設置できるため、太陽光発電の設置場所が飛躍的に拡大できる。
太陽光発電事業の証券化を目指す
 リアルコムは、発電事業や事業支援を手がける日本プレミアムとメガソーラー案件の開拓および運用事業を共同で行う。両社が建設する発電所を証券化して出資者を集め、発電所開発を加速化させる。
Jパワー、北海道で5地点目の風力開発に着手
 電源開発は北海道で5地点目となる「上ノ国ウインドファーム」(2万8千kW)の建設工事に着手。
発電所の環境アセス迅速化へ連絡会議
 経済産業省と環境省は、発電所の環境アセスメントの迅速化を図るため連絡会議を設置。火力発電のリプレースの場合は1年程度に、風力発電や地熱発電は半分程度で済むようにする。


2012年9月26日(水)

経産省、買取制度のモデル契約書を策定
 経済産業省は、法令基準に見合った再生可能エネルギーの固定価格買取制度のモデル契約書を策定。


2012年9月27日(木)

東京都、屋根貸し太陽光発電のマッチング事業
 東京都は、新たなビジネススタイル「屋根借り型のメガソーラー」普及サポートを目的に、屋根を貸す側と借りる側の仲介を行うマッチング事業を開始。


2012年9月28日(金)

サミットエナジー、秋田に大型ウィンドファーム
 サミットエナジーは、秋田県男鹿市に地元企業と共同で2万8800kWのウィンドファームを新設する。14年末の運転開始を目指す。